酒蔵写真集

佐野屋は全取引先を自ら訪問し、強い信頼関係を築いています。

商品検索

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • DC
  • UFJ
  • NICOS
  • DINERS

おちょこ女子 「オンナの日本酒」女性おすすめ日本酒

飲食店様におすすめの日本酒

ラスト1本 ラスイチ 日本酒

リキュール 梅酒

ギフト向け化粧箱 ラッピング承ります

佐野屋のお届けはヤマト運輸に完全一本化

日本酒 賞味期限

日本酒に表記されている製造年月につきましてご一読ください(秋田県酒造組合HPより)

女性シニアワインアドバイザーがお届け Happy Wine

新規取扱蔵元募集

日本酒 クール便

喜久盛酒造 (きくざかりしゅぞう) 佐野吾郎
今回の移動は空と陸の両方。
まず、関西空港から飛行機で仙台空港へ。
仙台空港からは仙台空港アクセス線に乗って仙台へ。
仙台から新花巻までは東北新幹線。


喜久盛酒造 (きくざかりしゅぞう) 佐野吾郎 藤村卓也
こちらの方が喜久盛酒造五代目蔵元の藤村卓也(ふじむらたくや)さん。
学生時代は格闘技をされていたのだとか。
その後もゲームソフト制作会社に就職という異色の経歴の持ち主です。


喜久盛酒造 (きくざかりしゅぞう) 花巻市 蔵
現在、喜久盛酒造は花巻市にある蔵で酒造りを行っています。
北上市の本社蔵は震災で半壊。
とても酒造りが行える環境ではありません。
そんな時、隣の花巻市にある白雲酒造さんが廃業されることになりました。
そこで、廃業された白雲酒造で酒造りを再開、現在に至ります。


喜久盛酒造 (きくざかりしゅぞう) タクシードライバー もろみ
喜久盛酒造の看板商品、タクシードライバーの仕込みタンクです。
タクシードライバーは飯米のかけはしで造られています。
かけはしを含め、全てのお米が岩手県産です。


喜久盛酒造 (きくざかりしゅぞう) 麹室
こちらは麹室です。
殆どの設備は以前の白雲酒造から引き継いでいるのですが、この麹室は新調されました。


喜久盛酒造 (きくざかりしゅぞう) 麹室
そして麹室内部へ。
ステンレスの麹室です。
麹造りは酒造りにおいて重要。
殆どの設備は前の白雲酒造から引き継がれていますが、こちらの麹室は新調されました。


喜久盛酒造 (きくざかりしゅぞう) 佐野吾郎 酒母
こちらは酒母室です。
まず、こちらの酒母タンクで酵母を増やします。
十分に酵母が増えた所で仕込みタンクへ。


喜久盛酒造 (きくざかりしゅぞう) 甑
酒蔵の朝の風景と言えばこれ。
甑(こしき)からモクモクと立ち込める湯気。
お米が蒸し上がりました。


喜久盛酒造 (きくざかりしゅぞう) 甑 佐野吾郎
蒸し上がったお米はスコップで素早く放冷機へ。
これがなかなかの重労働なんです。
眼鏡が曇ってよく見えませんでしたが、誰かと思えば…。


喜久盛酒造 (きくざかりしゅぞう) 放冷機
放冷機から出てくるお米を素早くほぐして行きます。
蒸し米は麹米と掛米に分かれます。
ちなみに、こちらは麹米です。


喜久盛酒造 (きくざかりしゅぞう) 作業風景
喜久盛酒造では3人の蔵人によって酒造りが行われています。
設備も充実しているとはとても言い難いというのが実情。
過酷な環境だからこそ、チームワークがモノを言います。


喜久盛酒造 (きくざかりしゅぞう) 櫂入れ 佐野吾郎
掛米はエアシューターで仕込みタンクに運ばれます。
この作業は櫂入れ。
櫂棒でかき混ぜます。


喜久盛酒造 (きくざかりしゅぞう) 洗米
洗米機と言えばウッドソン。
しかし、ウッドソンはとても高額。
そこで、喜久盛酒造では学校給食で使用される洗米機を改良。
工夫に工夫を重ねての酒造りが行われています。


喜久盛酒造 (きくざかりしゅぞう) 洗米
洗ったお米は素早く仕込み水を貯めた桶に運び込まれます。
そして、給水。
いい蒸し米に仕上げるには洗米、浸漬の作業がとても重要。


喜久盛酒造 (きくざかりしゅぞう) 藤村卓也 ホステス
ホステス募集中!
という訳ではありません。

実はこれ、前の蔵元(白雲酒造)が掛けられたものなのだそうです。
藤村蔵元は特に考えずそのまま蔵に掛けていたのですが、見学※に来た人が面白がって写真を取りネットに上げた事によって拡散。
今では蔵の名物スポット?になり、訪問者は必ずここで写真を撮られるとか。(※喜久盛酒造は一般の方の蔵見学は行っておりません。取引先、取材など関係者のみです。)


喜久盛酒造 (きくざかりしゅぞう) 北上市 本社
花巻市の蔵から車で5分位移動。
震災で倒壊した本社の蔵に来ました。 こちらは岩手県北上市にあります。


喜久盛酒造 (きくざかりしゅぞう) 酒造り
色々な物が展示してあったのですが、こんな興味深い物を発見!
昔の酒造りをミニチュアで再現された物。


喜久盛酒造 (きくざかりしゅぞう) 藤村卓也 蔵 倒壊
こちらは倒壊した醤油蔵の前です。
震災の生々しい傷跡。
被災したのは沿岸部だけでは無いのです。


喜久盛酒造 (きくざかりしゅぞう) 北上市 本社
こちらは日本酒の仕込み蔵。
現在、こちらでは酒造りは行われておりません。
酒造りのピークを迎えている時期とはとても思えない静けさでした。


喜久盛酒造 (きくざかりしゅぞう) 蔵 倒壊
震災の影響で土壁がめくれ、中の小舞竹が剥き出しになっています。
ご覧の通り、とても酒造りが行える環境ではございません。
ですから、やむなく酒造りを継続すべく、現在は隣の花巻市の旧白雲酒造で酒造りを行っています。


喜久盛酒造 (きくざかりしゅぞう) 蔵 倒壊
こちらは酒母室。
建物の梁(はり)が落ちてます。
とても危険な状態。


喜久盛酒造 (きくざかりしゅぞう) 藤村卓也 蔵 倒壊 佐野吾郎
再び醤油蔵の前へ移動。
近況と、復興の進捗状況を語って頂きました。
内陸部の復興は全く進んでおりません。
いずれは本社蔵でも酒造りを再開したい!
藤村さんの熱意が伝わって来ました。


喜久盛酒造 (きくざかりしゅぞう) 蔵 倒壊 佐野吾郎
蔵の奥の冷蔵庫前へ移動。
半壊した建物は天井が抜けています。
雪は倒壊寸前の建物に容赦無く襲い掛かります。
自然の厳しさを目の当たりにしました。


喜久盛酒造 (きくざかりしゅぞう) 蔵 倒壊
喜久盛酒造は本社蔵での酒造りの再開を目指しています。
瓦礫の撤去、倒壊した蔵を建て直す費用の捻出など、問題は山積み。
現在は全く目処が立っていませんが、決して諦めてはいません!


喜久盛酒造 (きくざかりしゅぞう) 酒蔵写真集 観光篇へ

喜久盛酒造 (きくざかりしゅぞう) 商品一覧へ

TOP