酒蔵写真集

佐野屋は全取引先を自ら訪問し、強い信頼関係を築いています。

商品検索

未成年者への酒類の販売はいたしておりません。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • DC
  • UFJ
  • NICOS
  • DINERS

おちょこ女子 「オンナの日本酒」女性おすすめ日本酒

飲食店様におすすめの日本酒

ラスト1本 ラスイチ 日本酒

リキュール 梅酒

ギフト向け化粧箱 ラッピング承ります

日本酒 賞味期限

日本酒に表記されている製造年月につきましてご一読ください(秋田県酒造組合HPより)

女性シニアワインアドバイザーがお届け Happy Wine

新規取扱蔵元募集

日本酒 クール便

NP 後払い 日本酒

蔵元紹介

“目指す感動の酒” 賀茂金秀 金光酒造

実力・評価No.1 政府式典に度々採用される銘酒 賀茂金秀(かもきんしゅう) 商品一覧へ

topics

全国新酒鑑評会 賀茂金秀 桜吹雪 大吟醸 斗瓶取り 金賞受賞酒

●「平成28酒造年度全国新酒鑑評会」金賞受賞!

2017年5月「平成28酒造年度全国新酒鑑評会」にて、「賀茂金秀 桜吹雪 大吟醸 斗瓶取り 金賞受賞酒」が金賞を受賞致しました。

今回で3年連続の金賞受賞!

 

美ST 美スト 日本酒

●女性誌「美スト」にて紹介されました!

雑誌「美スト」2017年8月号にて「やまとなでしこの美肌はSAKEで艶めく。 美人が今選ぶのはワイングラスが似合うSAKE」として、 酒場モデルの倉木康子さんが「飲むほどに米の旨みが現れ、余韻がきれい」とおすすめする日本酒に「賀茂金秀 特別純米13」が紹介されました!

 

a sake brewery

●広島の若き蔵元、金光秀起

賀茂金秀 かもきんしゅう 金光酒造広島県西条地区から少し離れた黒瀬町。ここに賀茂金秀を造る金光酒造が位置しています。

金光酒造の創業は明治13年。以降「桜吹雪」をメインブランドとして販売していましたが、平成の時代に入っても普通酒を中心に造っていた蔵元であり、年間製造量は300石という小規模の生産量であったため、全国有数の名醸地である西条地区を擁する広島県において、金光酒造は高いポジションに位置する酒蔵ではありませんでした。

『それで良いのか?』

そう疑問を感じたのが、金光酒造5代目に当たる、当時28歳の金光秀起さんです。

秀起さんは東京農大の醸造学科を卒業後、小規模な酒蔵であるからこそ、品質重視の少量生産をするべきと考え、卒業後すぐに蔵に入り、自力で吟醸酒造りにチャレンジを開始しました。

賀茂金秀 かもきんしゅう 金光酒造●賀茂金秀」誕生

数年間の試行錯誤を経て、ようやく納得できるレベルの純米酒、純米吟醸酒を造れる迄に至った秀起さんは、その2種類のお酒を持って地元広島の実力地酒専門店へ向かいました。

「新規取引に至るまでは3年はかかる」と噂される地元有力店で評価をされなければ、東京には出ていくことは出来ない、と考えたからです。

この判断は正解でした。

恐る恐る飛び込んだ広島の酒販店の反応は、秀起さんにとって予想外のもので、「このレベルなら直ぐに取り扱ってよい」と上々の評価。

さらに、東京の地酒のプロデューサーを紹介することを申し出てくれました。

その後、全国市場で戦うための最終仕上げが施され、金光酒造のある地区を表す「賀茂」郡と、秀起さんの名前から「金」と「秀」を取り、「賀茂金秀」と命名されました。

賀茂金秀 かもきんしゅう 金光酒造 蔵の外観●強豪ひしめく西条地区で堂々1位

この蔵の注目すべき点は、吟醸蔵としての基盤が全く無いレベルから、金光秀起さんが進んで蔵の改革を行い、現在に辿り着いた点です。

賀茂金秀は静かに確実に全国の名のある地酒専門店に認められていき、徐々にその名を知られるようになっていきます。

取扱を開始した当初から、何かしてくれるような期待が感じられる蔵元です、と紹介していましたが、2010年、賀茂金秀は快挙を達成します。

毎年全国新酒鑑評会が行なわれる前に、広島県西条地区ではこの地区の酒蔵を対象にした品評会が行なわれます。西条地区は古豪や大手蔵が多く並ぶ、全国有数の大酒造地帯であるため、毎年非常に高いレベルで競われるのですが、その並みいる強豪を押しのけて、賀茂金秀は堂々首席1位を獲得しました。

現在では全国新酒鑑評会の上位入賞常連蔵の1つであり、出来の良い年には西条の鑑評会や広島県の鑑評会とのダブル金賞を獲得することもある実力蔵に成長しました。

まだまだ規模は小さいですが、これからの活躍が楽しみな酒蔵です。

地酒.COMは蔵元との太いパイプにより、
商品の安定供給を受けています。

販売はインターネットを代表する佐野屋が蔵元に代わって責任を持って行わせて頂きます。

蔵元との太いパイプにより、商品の安定供給を受けており、今やネット通販の代理店的な存在となっています。
インターネットで賀茂金秀(かもきんしゅう)をお求めの際は、是非とも地酒.COM、佐野屋をご利用下さい。

実力・評価No.1 政府式典に度々採用される銘酒 賀茂金秀(かもきんしゅう) 商品一覧へ

取材歓迎!メディアの皆様、取材は喜んで協力いたします。

各種メディアの取材には喜んでご協力させていただきます。

取材のご依頼は「お問い合せフォーム」から。

またはフリーダイヤル(0120ー464−135)から。

地酒.COM 佐野屋は話題性のある酒蔵の情報をご提供いたします。メディアの皆様の取材にご協力させていただきます。

2016年 5月

全国新酒鑑評会

●「平成27酒造年度全国新酒鑑評会」で金賞受賞!

2016年5月、「平成27酒造年度全国新酒鑑評会」にて、「賀茂金秀 桜吹雪 大吟醸 斗瓶取り 金賞受賞酒」が金賞を受賞致しました。

今回で2年連続の金賞受賞です。

2016年 2月

日経おとなのOFF 賀茂金秀 特別純米13

●雑誌『サライ』2016年2月号「今年呑むべき日本酒30本」にて賀茂金秀 特別純米13が選ばれました!

雑誌『サライ』2016年2月号「今年呑むべき日本酒30本」にて賀茂金秀 特別純米13が選ばれました。

2015年 10月

広島国税局清酒鑑評会

●「平成27年広島国税局清酒鑑評会」にて優等賞受賞!

平成27年10月2日に広島国税局 鑑定試験室で開催されました、 「平成27年広島国税局清酒鑑評会」にて、「香りを主たる特徴とする清酒」部門で 「桜吹雪 大吟醸」が優等賞受賞酒に選ばれました。

2011年 12月

読売新聞の特集記事に賀茂金秀が紹介されました。

読売新聞 地方と生きる  読売新聞 地方と生きる

2011年12月、読売新聞の地域共通企画「地方と生きる」に、賀茂金秀が2日に渡り特集記事でされました。

賀茂金秀(かもきんしゅう) 商品一覧へ

TOP