酒蔵写真集

佐野屋は全取引先を自ら訪問し、強い信頼関係を築いています。

商品検索

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • DC
  • UFJ
  • NICOS
  • DINERS

おちょこ女子 「オンナの日本酒」女性おすすめ日本酒

飲食店様におすすめの日本酒

ギフト向け化粧箱 ラッピング承ります

佐野屋のお届けはヤマト運輸に完全一本化

日本酒 賞味期限

日本酒に表記されている製造年月につきましてご一読ください(秋田県酒造組合HPより)

女性シニアワインアドバイザーがお届け Happy Wine

新規取扱蔵元募集

日本酒 クール便

蔵元紹介

コシヒカリのふるさと、南魚沼の注目蔵「鶴齢」かくれい

鶴齢(かくれい)  商品一覧へ

topics

●鶴齢 雪男がパッケージデザイン賞を受賞しました!

Topawards Asia デザイン賞

2016年10月、Topawards Asia(トップアワードアジア)にて、鶴齢 純米酒 雪男がパッケージデザイン賞を受賞しました。

“Topawards Asia”とは昨今、世界の様々なパッケージデザインがある中から、 アジアのパッケージデザインに注目し、そのクオリティの高さを世界に認知してもらい、 パッケージデザイン業界の発展を目的とした初の“アジア限定のパッケージデザイン賞”です。

Topawards Asia 公式サイト(受賞ページ)

 

●NHK「鶴瓶の家族に乾杯」にて紹介されました!

2016年10月放送、NHK「鶴瓶の家族に乾杯」にて、「古舘伊知郎とトークバトル 新潟県南魚沼市ぶっつけ本番旅」と題して、 フリーアナウンサーの古舘伊知郎さんが青木酒造へ訪れ、製造過程をリポートされました。

 

●「第87回関東信越国税局酒類鑑評会」優秀賞受賞!

鶴齢 限定大吟醸生詰 牧之

2016年10月、「第87回関東信越国税局酒類鑑評会」吟醸酒の部において、 「鶴齢 限定大吟醸生詰 牧之」が優秀賞を受賞致しました。

 

 

a sake brewery

●コシヒカリのふるさと、南魚沼の注目蔵「鶴齢」

鶴齢 かくれい 青木酒造 蔵の外観

群馬県との県境を有する新潟県南部の南魚沼市は、日本一のコシヒカリの産地として知られる「コシヒカリの聖地」です。

しかしこの地は真冬になるとメートル級の積雪量を毎年記録する、日本有数の豪雪地帯としても知られており、町や建物には、雪国の人々知恵や工夫が随所に見受けることができます。

また、2009年の大河ドラマ「天地人」の主人公、直江兼続と上杉景勝はここ南魚沼の出身であり、居城とした坂戸城跡や幼少期を過ごした雲洞庵(うんとうあん)が現存しており、歴史の1ページに触れることもできます。

そして新潟県は全国屈指の酒どころであり、成人1人あたりの日本酒消費量が日本一。

スッキリした飲みやすい新潟の酒は、淡麗辛口の代表格として表現されますが、その新潟の酒の常識にあてはまらない、淡麗でありながら米の旨味を引き出した酒造りを得意とする酒蔵が現れました。

その酒の名は「鶴齢」。コシヒカリで知られる南魚沼市塩沢に蔵を構える、青木酒造が造る注目銘柄です。

●江戸の文人、鈴木牧之ゆかりの蔵

鶴齢 かくれい 青木酒造 仕込み場

青木酒造は1717年に創業した、約300年の歴史を持つ酒蔵です。

青木酒造は歴史に名を残す著名人との関わりが多い酒蔵で、「北越雪譜(ほくえつせっぷ)」(※1)の著者である鈴木牧之(すずき ぼくし)の次男が、青木酒造七代目として蔵を継いだ記録が残されており、「鶴齢」という銘柄名も、鈴木牧之が命名したものと伝えられています。

また、幕末から明治期にかけて活躍した「日本資本主義の父」として知られる渋沢栄一も青木酒造と交流が深く、渋沢栄一が青木酒造へ宛てた当時の手紙や贈られた書額が蔵元に所蔵されています。

平成の時代には、秋篠宮殿下と紀子様が青木酒造を訪問された記録もあり、青木酒造は古い歴史を持つだけでなく、さまざまな交流を持つ希有な酒蔵です。

(※1)「北越雪譜」とは、江戸後期に書かれた越後魚沼の厳しい雪国の生活を記録した書籍で、当時の越後の民俗、方言、地理、産業を知る貴重な史料と位置づけられています。

●青木貴史社長と無濾過生原酒

鶴齢 かくれい 青木酒造 越前かに

写真の人物は、青木酒造の蔵元、青木 貴史社長です。

青木社長は1998年頃、首都圏の市場で「無濾過生原酒」という新しいジャンルのお酒に可能性を感じ、南魚沼の酒蔵で最初に無濾過生原酒の商品を発売しました。

しかし当時の日本酒業界では、徹底した炭素濾過、2回行なう火入れ、水を加えてのアルコール度数の調整が当たり前とされており、それらを省略した無濾過生原酒というお酒は、周囲から「中途半端な酒」という厳しい批判を受けたそうです。

それでも青木社長には強い確信がありました。それは前杜氏の新保英博氏が造るお酒は、できたばかりの無濾過生原酒が一番美味い、ということを自らの舌で感じ取っていたから。

新保杜氏にも周囲から厳しい声が飛びますが、「社長が言うことなんだから、何でもやるよ!」という強い信頼関係のもと、無濾過生原酒のお酒を造り続けます。

やがて日本酒市場には、無濾過生原酒のお酒が人気を博し、多くの蔵から販売されるようになりましたが、その先鞭をつけていた鶴齢は、いつしか「鶴齢といえば無濾過生原酒」と地酒ファンの間で知られる存在になっていきました。

そして2009年、新潟県が卓越した技能者として「にいがたの名工」12名を選出し、その中に鶴齢の新保杜氏の名前が記されていました。

かつて中途半端な酒と批判を受けた造り手が、名工として認められた。快挙と言ってよいこの出来事に、青木社長はじめ従業員全員が自分のことのように喜びに湧きました。

●丁寧に、淡麗旨口

鶴齢 かくれい 青木酒造 越前かに

「鶴齢」の特徴は、淡麗辛口のジャンルに属しながらも、米旨味の旨味を引き出した旨味をしっかりと感じさせる点にあります。

日本百名山の1つに数えられる巻機山(まきはたやま)の伏流水は、大自然の中で口にする雪解け水を飲んでいるかのような、澄み切ったきれいな水質。その水を使った丁寧な酒造りによって、鶴齢は造られています。

驚いたのは、地元に広く流通している普通酒クラスに至るまで、大吟醸クラスと同じく全量手仕事で麹を造り、米を洗い、さらにアルコール添加量も酒税法の基準量よりもずっと少ない量しか使っておらず、うまい酒であることを第一に考えた酒造りを行なっていることです。

鶴齢の販売シェアは、地元である南魚沼市が圧倒的で、地元だけで約3割、新潟県内のみで全体の7割近くが消費されているそうです。いかに地元に愛されているかがわかるデータです。

また、青木酒造は「雪男」ブランドの売上の一部を、山岳救助の資金や、地元出身のスポーツ選手へ活動資金として寄付を行なうなど、地域への貢献も積極的に行なっています。


鈴木牧之の「北越雪譜」には、越後の人の「耐え忍ぶ精神」と「助け合う心」が描かれていますが、青木酒造は「和合」を一番大切にしています。

杜氏や蔵人、酒米を栽培する農家といった「造る人」、私たち鶴齢を販売する「売る人」、そして鶴齢を愛してやまない「飲む人」の三者が幸せになるように、そして自らも社会や地域へ貢献したいという想いで良酒を造り続けています。

鶴齢 かくれい 青木酒造 青木貴史 佐野吾郎

地酒.COMは蔵元との太いパイプにより、
商品の安定供給を受けています。

写真の右が株式会社クラビシュ 佐野屋酒店の佐野吾郎、左の方が青木酒造(あおきしゅぞう)の青木貴史社長です。2014年2月に撮影しました。

地酒.COMは蔵元との強い信頼関係により、鶴齢(かくれい)の商品を安定供給できる体勢を取っています。
インターネットで鶴齢(かくれい)をお求めの際は、是非とも地酒.COM、佐野屋をご利用下さい。

鶴齢(かくれい)  商品一覧へ

●「鶴齢(かくれい)」酒蔵写真集

歴史的な大雪を記録した2014年2月。そのとき店主吾郎は新潟県南魚沼市にいました。

鶴齢(かくれい) 鶴齢(かくれい) 鶴齢(かくれい)

鶴齢(かくれい) 鶴齢(かくれい) 鶴齢(かくれい)

鶴齢(かくれい) 鶴齢(かくれい) 鶴齢(かくれい)

鶴齢(かくれい) 鶴齢(かくれい) 鶴齢(かくれい)

鶴齢(かくれい) 鶴齢(かくれい) 鶴齢(かくれい)

鶴齢(かくれい) 鶴齢(かくれい) 鶴齢(かくれい)

鶴齢(かくれい) 鶴齢(かくれい) 鶴齢(かくれい)

鶴齢(かくれい) 鶴齢(かくれい) 鶴齢(かくれい)

鶴齢(かくれい) 鶴齢(かくれい) 鶴齢(かくれい)

●「鶴齢(かくれい)」写真集 第2部「働く吾郎」

今回のお手伝いは密度が違う!鶴齢のあらゆる作業を体験してきました。

鶴齢(かくれい) 鶴齢(かくれい) 鶴齢(かくれい)

鶴齢(かくれい) 鶴齢(かくれい) 鶴齢(かくれい)

鶴齢(かくれい) 鶴齢(かくれい) 鶴齢(かくれい)

鶴齢(かくれい) 鶴齢(かくれい) 鶴齢(かくれい)

鶴齢(かくれい) 鶴齢(かくれい) 鶴齢(かくれい)

鶴齢(かくれい) 鶴齢(かくれい) 鶴齢(かくれい)

取材歓迎!メディアの皆様、取材は喜んで協力いたします。

各種メディアの取材には喜んでご協力させていただきます。

取材のご依頼は「お問い合せフォーム」から。

またはフリーダイヤル(0120ー464−135)から。

地酒.COM 佐野屋は話題性のある酒蔵の情報をご提供いたします。メディアの皆様の取材にご協力させていただきます。

2016年 8月

●「全国燗酒コンテスト2016」にて金賞受賞

全国燗酒コンテスト2016 金賞

2016年8月、スローフードジャパン主催「全国燗酒コンテスト2016 お値打ちぬる燗部門」にて、 鶴齢 本醸造が金賞を受賞しました。

2016年 7月

●「全米日本酒歓評会 2016」にて銀賞受賞

全米日本酒歓評会2016 受賞酒

2016年7月19日・20日、ホノルルにあるハワイ・コンベンション・センターにて 「US National Sake Appraisal 全米日本酒歓評会2016」の審査が行われ、 2日間で約350銘柄の出品酒が「香り、味、バランス、総合評価」の4つのカテゴリーで審査され、 吟醸部門にて鶴齢 純米吟醸が銀賞を受賞しました。

2016年 5月

●「平成27酒造年度全国新酒鑑評会」で金賞受賞!

全国新酒鑑評会

2016年5月、「平成27酒造年度全国新酒鑑評会」にて、「鶴齢」が金賞を受賞致しました。

2016年 2月

●「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2016」金賞受賞!

ワイングラスでおいしい日本酒アワード2016 鶴齢

「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2016」の各部門の受賞蔵が2月に発表されました。

6年目となる2016年の今大会は、過去最高の252蔵元から648点のエントリーがあり、 厳正なる審査の結果、大吟醸部門にて「【箱入】鶴齢 純米大吟醸」が金賞を受賞しました。

2015年 10月

●「第86回関東信越国税局酒類鑑評会」にて優等賞受賞!

第86回関東信越国税局酒類鑑評会

第86回関東信越国税局酒類鑑評会は関東信越地方で製造された清酒及び本格焼酎の品質評価を通じて 酒造技術の進歩と管内酒類の品質向上を図り、酒類業の発達に資することを目的として、 毎年酒類鑑評会を開催されています。

本年は10月に、全201製造場の出品酒の中から吟醸酒の部にて、鶴齢が優等賞に選ばれました。

2015年 8月

●全米日本酒歓評会2015 銀賞受賞!

全米日本酒歓評会

2015年8月、全米日本酒歓評会の審査結果が発表され「鶴齢 純米吟醸」が見事銀賞に輝きました!

全米日本酒歓評会とは2001年からスタートした審査会で、日本とアメリカから選ばれた審査員がハワイのホノルルで毎年2日間かけて審査を行います。

2015年は約350点の日本酒が出品され、「鶴齢 純米吟醸」が銀賞に選ばれました。

2015年 1月

●「鶴齢」世界デビュー!JALビジネスクラスの機内食日本酒リストに登場!

鶴齢 JAL

鶴齢 純米大吟醸が日本航空(JAL)国際線ビジネスクラスの

機内酒に選ばれ、2015年3月より提供が始まりました!

「新潟日報」でも大きく取り上げられています。

2014年 3月

●『全米日本酒歓評会2014』にて「鶴齢 純米吟醸」が金賞受賞。

鶴齢 全米日本酒歓評会2014

『全米日本酒歓評会2014』にて日本と米国の10人の審査員がおよそ300点の出品酒を評価し、審査の結果「鶴齢 純米吟醸」が金賞を受賞。

2014年 3月

●『スポーツ報知』に「鶴齢の雪男」が掲載されました。

雪男 鶴齢 小野塚

2014年2月22日の『スポーツ報知』に「鶴齢の雪男」が掲載されました。

青木酒造は2011年から「雪男」の売り上げの一部を、ソチ五輪フリースタイルスキー女子ハーフパイプで銅メダルを獲得した小野塚彩那選手に活動支援費として寄付しています。

2013年11月には蓋の色がゴールドで、スキー板を持った雪男が瓶にデザインされた、「雪男純米酒カップ」が新発売されました。

青木酒造は今後も支援を継続していくとのことです。

2013年11月

●青木酒造は、小野塚選手を応援しています。

小野塚彩那 ソチ五輪 雪男  小野塚彩那 ソチ五輪 雪男

「鶴齢」青木酒造は、ソチ五輪のスキー女子ハーフパイプ競技で銅メダルに輝いた小野塚 彩那(おのづか あやな)選手を応援しています。

小野塚選手は「鶴齢」の地元である南魚沼郡塩沢の出身であることから、青木酒造では「雪男プロジェクト」として「鶴齢 雪男」シリーズの売上の一部を活動資金として寄付しています。

(青木酒造ブログに小野塚選手を応援する記事が紹介されています。)

 

2013年 12月

●雪男の売上を山岳遭難防止対策に寄付いたしました。

鶴齢 かくれい 雪男2013年12月、鶴齢「雪男」シリーズの売上げの一部を南魚沼地域山岳遭難防止対策協議会に寄付いたしました。

「鶴齢」青木酒造では、「雪男」が少しでも山の事故防止のお役にたてればとの想いで、2009年より毎年山岳救助の寄付活動を行なっています。

 

2013年 11月

●『ハナコ フォー・メン』Vol.10に「鶴齢」が掲載。

鶴齢 かくれい ハナコ 鶴齢 かくれい ハナコ

2013年11月28日発売の『Hanako FOR MEN vol.10』の特集、「モテる日本酒。」に「鶴齢」が掲載されました。

 

2013年 9月

●『別冊ワイナート日本酒基本ブック』に「鶴齢」が掲載。

鶴齢 かくれい ワイナート   鶴齢 かくれい ワイナート

2013年9月19日発売の『別冊ワイナート2013年10月号日本酒基本ブック』の巻頭特集「いま、純米の時代」に「鶴齢」が掲載されました。

主要な酒米が掲載されていて、「頭角を現す第二世代」として「越淡麗」と代表銘柄として「鶴齢 純米吟醸」が紹介されています。

 

鶴齢(かくれい) 商品一覧へ

TOP