酒蔵写真集

佐野屋は全取引先を自ら訪問し、強い信頼関係を築いています。

商品検索

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • DC
  • UFJ
  • NICOS
  • DINERS

おちょこ女子 「オンナの日本酒」女性おすすめ日本酒

飲食店様におすすめの日本酒

ギフト向け化粧箱 ラッピング承ります

佐野屋のお届けはヤマト運輸に完全一本化

日本酒 賞味期限

日本酒に表記されている製造年月につきましてご一読ください(秋田県酒造組合HPより)

女性シニアワインアドバイザーがお届け Happy Wine

新規取扱蔵元募集

日本酒 クール便

蔵元紹介

花垣(はながき) 南部酒造場

花垣(はながき) 南部酒造場 商品一覧へ

topics

●《全国燗酒コンテスト2016 金賞受賞》

全国燗酒コンテスト2016 金賞

2016年8月、スローフードジャパン主催「全国燗酒コンテスト2016 お値打ち熱燗燗部門」にて、 花垣 昔、お祖父さんの飲んだ酒が金賞を受賞しました。

《全米日本酒歓評会 2016 金賞受賞》

全米日本酒歓評会2016 受賞酒

2016年7月19日・20日、ホノルルにあるハワイ・コンベンション・センターにて 「US National Sake Appraisal 全米日本酒歓評会2016」の審査が行われ、 2日間で約350銘柄の出品酒が「香り、味、バランス、総合評価」の4つのカテゴリーで審査され、 大吟醸A(精米歩合40%以下)部門にて「花垣 鑑評会特別仕込 究極の花垣」が金賞を受賞しました。

a sake brewery

●越前の小京都、大野で銘酒を醸す蔵を発見!

花垣 はながき 南部酒造場 御清水

福井県の南東部に位置する大野市は、奥越前の中心地として栄えてきた城下町で、碁盤目状(短冊型)の城下町が建設された美しい景観の街であることから「越前の小京都」として知られています。

この城下町の大通り「七間通り」には、その昔呉服商や質屋、みそや醤油の蔵、そして酒屋といった醸造関連の蔵が多く立ち並び、隆盛を誇っていたと記録されています。

ここに、日本酒ファンにぜひ覚えておいてもらいたい注目の酒蔵があります。

創業100年を超える老舗蔵、「花垣(はながき)」を造る南部酒造場です。

●「花垣」南部酒造場

花垣 はながき 南部酒造場 南部隆保

「花垣」醸造元の南部酒造場は、江戸時代「茶の木屋」の屋号で金物を商う、大野藩御用商の大店でしたが、明治時代、大野では2度に渡る大火が発生。街の全てが焼き払われ、丸裸からの復興を余儀なくされることになりました。

折しもこの時期、農業では豊作の年が続いており、豪農や商家が酒造家に転身するところが増えたことで、「茶の木屋」でも試験的に酒造りを行なってみたところ、これがたいへんな評判を集めたそうです。これを機に明治34年、社名を南部酒造場と改め、心機一転、酒造業に転身しての再出発をスタートしました。

規模は決して大きくない酒蔵の、ゼロからの再出発はさまざまな紆余曲折もあったそうですが、小さな革新を積み重ねて酒造りの技を磨き続け、昭和8年には昭和天皇への献上酒として「花垣」が選定されるまでに至りました。この記録から、戦前から「花垣」はハイレベルなお酒を造っていたことがうかがえます。

●小さな蔵の、大きなこだわり。

花垣 はながき 南部酒造場 南部隆保

右の写真の方は4代目蔵元、南部 隆保(なんぶ たかやす)社長です。

店主は全国の酒蔵訪問プロジェクトの中で数々の酒蔵を回ってきましたが、「花垣」の取り扱いを決定的にしたのは、造る酒の良さに加えて、南部社長の酒造りに対する強いこだわりを感じたことでした。

まず酒蔵の設備ですが、例えば「蒸し」の工程では、甑肌(こしきはだ)と呼ばれる米がべとべとになるのを防ぐため、二重構造になった甑を使用。

麹室においては、杉を使った気張りの麹室と、新調したステンレス張りの麹室の2つを用意。それぞれにメリットがあるが、同時にデメリットもあり、理想の麹を得るために、ケースバイケースで使い分けるようにしました。

さらに、こだわりは酒造現場だけではありません。蔵人の休憩室が下手なワンルームマンション以上の綺麗な個室が完備。各部屋シングルベッド、無線LANでのインターネット接続が可能で、蔵人のメンタル面、生活環境のサポートにも配慮しています。

この他にも、本当に細かいところにまで目配りされていることが伝わる工夫が設備が随所にあり、そして一つ一つきっちりとした説明をする南部社長を見て、この蔵は必ず飛躍する、と確信しました。

●米、水、気候。酒造りに適した恵まれた自然環境

花垣 はながき 南部酒造場 五百万石 契約栽培田

大野市はまた、良い酒が得られるさまざまな条件が整った、全国でも少ない恵まれた地域でもあります。

大野市は周囲を山々で囲まれた盆地で、日中は暑く夜は涼しい気候特性から米作りが盛んです。酒米で有名な五百万石は、ここ越前大野が特A地区と言われており、品質の良いお米が豊富に手に入る環境です。

次に大野は地下水がとても豊富で、地面を2.5メートル掘るだけで50センチの水たまりが出来るほどです。そのため大野市には水道がなく、住民は「御清水(おしょうず)」と呼ばれているこの地下水を生活用水として使用しています。

「御清水」は環境庁の日本名水百選に選ばれている良質の水で、花垣の酒造りには生活用水の地層よりさらに深い、地下50メートルから汲み上げた「御清水」を使用しています。

良質の水、良質の米、そして冬の厳しい寒さは酒造りにとって最適な気温条件。その全てが整った大野は、酒造りにおいてまさに天恵と呼べる土地なのです。


「花垣」のお酒の特徴は、仕込み水の良さが伝わって来るような、なめらかで飲みやすく、そしてその中にもコクや甘味を宿した、キレのある味わいを持っています。

お酒は料理と併せて飲むものであることを意識しており、和食のさまざまな料理はもちろん、洋の東西を問わず、幅広い食事の席で楽しめるように設計されています。

2013年には「純米にごり酒」が燗酒大賞、「究極の花垣」がロンドンの日本酒歓評会で最高賞として選ばれ、近年国内外での評価も急上昇。静かに確実に注目を集めています。

「花垣」という名前の由来は、謡曲『花筐』の一節からいただいた言葉で、人の心を喜ばせ、見て目を楽しませ、希望にあふれる意味を含む縁起の良い言葉です。その名前を銘柄に冠して110余年、現在も多くの人を喜ばせる美酒を造り続けています。

花垣 はながき 佐野吾郎 南部隆保

地酒.COMは蔵元との太いパイプにより、
商品の安定供給を受けています。

写真の左が株式会社クラビシュ 佐野屋酒店の佐野吾郎、右の方が花垣(はながき)の蔵元、南部隆保です。
2011年8月に蔵の玄関にて撮影しました。

地酒.COMは「花垣(はながき)」の今後の将来性を強く感じ取り、取り扱いを決定いたしました。

蔵元との強い信頼関係により、商品を安定供給できる体勢を取っています。インターネットで花垣(はながき)をお求めの際は、是非とも地酒.COM、佐野屋をご利用下さい。

花垣(はながき)  商品一覧へ

「花垣(はながき)」写真集

もっと蔵を伝えたい。
蔵の中だけにとどまらず原料米を育てる栽培田や、蔵の背景である大野の街全体を見てまわりました。

花垣(はながき) 花垣(はながき) 花垣(はながき)

花垣(はながき) 花垣(はながき) 花垣(はながき)

花垣(はながき) 花垣(はながき) 花垣(はながき)

花垣(はながき) 花垣(はながき) 花垣(はながき)

花垣(はながき) 花垣(はながき) 花垣(はながき)

取材歓迎!メディアの皆様、取材は喜んで協力いたします。

各種メディアの取材には喜んでご協力させていただきます。

取材のご依頼は「お問い合せフォーム」から。

またはフリーダイヤル(0120ー464−135)から。

地酒.COM 佐野屋は話題性のある酒蔵の情報をご提供いたします。メディアの皆様の取材にご協力させていただきます。

2016年 8月

ロンドン酒チャレンジ 花垣 杜氏・日置大作

●「ロンドン酒チャレンジ2016」金賞受賞

2016年8月22日、英国の王室御用達デパート・ハロッズのテイスティング・ルームにて、ロンドン酒チャレンジが開催されました。 日本酒の判定にあたるのは、日本、イギリスはもちろん、フランス、ドイツ、オランダ、オーストラリアなど世界各国から招かれた、 ホスピタリティ業界での経験豊かな、信頼できる酒ソムリエたちです。 国際的舞台で活躍するエキスパートが、五感を駆使して判定した結果、 「【箱入】花垣 鑑評会特別仕込 究極の花垣」が金賞を受賞しました。

2016年 3月

金沢国税局酒類鑑評会 花垣 杜氏・日置大作と頭・柏倉崇

●「金沢国税局酒類鑑評会」にて吟醸の部、金沢酵母吟醸の部の優等賞ダブル受賞!

先般行われました「平成27酒造年度 金沢国税局酒類鑑評会」において、 花垣が見事「吟醸の部」「金沢酵母吟醸の部」ともに優等賞を受賞いたしました。

昨年より「金沢酵母吟醸の部」が正式な部門となり、従来から行われていた「吟醸の部」と2部門になりました。 「吟醸の部」には、北陸3県の40製造者から132点が出品され、「金沢酵母吟醸の部」には、 38製造者から106点が出品され、3月23日から25日にかけて審査されました。 結果、「吟醸の部」、「金沢酵母吟醸の部」共に優等賞を受賞しました。

2016年 2月

ワイングラスでおいしい日本酒アワード2016 花垣

●「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2016」金賞受賞!

「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2016」の各部門の受賞蔵が2月に発表されました。

6年目となる2016年の今大会は、過去最高の252蔵元から648点のエントリーがあり、 厳正なる審査の結果、大吟醸部門では「花垣 新酒 冬のしぼりたて」が金賞を受賞し、 スパークリングSAKE部門では「Shu Shu Shu 微発泡純米にごり生原酒」が金賞を受賞しました。

2016年 2月

日経おとなのOFF 花垣 純米吟醸

●「日経おとなのOFF」にて「2016年 今一番旨い日本酒ベスト30」に選ばれました!

「日経おとなのOFF 2016年3月号」にて"2016年 今一番旨い日本酒ベスト30"に 花垣 純米吟醸が選ばれました。

日本酒評論のトップ4である、ジョン・ゴントナーさん、葉石かおりさん、山同敦子さん、松崎晴雄さんの日本酒界を代表する目利きの4名がセレクト。

2015年 12月

新にほん風景遺産 花垣

●BS朝日「新・にほん風景遺産」で紹介されました!

2015年12月15日、BS朝日「新・にほん風景遺産」2時間スペシャル"世界遺産 晩秋の日光&天空の城と湧水の郷 越前大野"にて、花垣の酒造りや蔵のロケーションが紹介されました。

2015年 8月

全米日本酒歓評会

●全米日本酒歓評会2015 銀賞受賞!

2015年8月、全米日本酒歓評会の審査結果が発表され「花垣 大吟醸 特撰花垣」が見事銀賞に輝きました!

全米日本酒歓評会とは2001年からスタートした審査会で、日本とアメリカから選ばれた審査員がハワイのホノルルで毎年2日間かけて審査を行います。

2015年は約350点の日本酒が出品され、「花垣 大吟醸 特撰花垣」が銀賞に選ばれました。

2015年 4月

インターナショナルワインチャレンジ

●インターナショナル ワイン チャレンジ2015 銀メダル受賞!

平成27年4月20日・21日・22日「インターナショナルワインチャレンジ2015」SAKE部門の 7つのカテゴリーごとに審査員によるブラインド・テイスティングが行われ、 純米酒の部にて花垣 純米にごり酒が銀メダルを受賞しました!

2015年 2月

ワイングラスでおいしい日本酒アワード

●ワイングラスでおいしい日本酒アワード2015 金賞受賞!

「世代」「業態」「国」の境界を超えて日本酒を広げることを目指す 「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」は、2015年2月、5年目の今回、 過去最高の234蔵元から564点のエントリー。

そしてメイン部門にて花垣 純米にごり酒が金賞を受賞しました!

2014年 11月

オンナの日本酒

●「オンナの日本酒」にて花垣 山廃純米 無濾過生原酒が紹介されました!

書籍「オンナの日本酒 女性のハートが選ぶお勧めの酒」
著者:酒女倶楽部(さけじょくらぶ) 発行:ドリームシップ
にて、花垣 山廃純米 無濾過生原酒が女性がしみじみしたいときのお勧めの日本酒として掲載されています!

2014年 7月

南部酒造場 花垣 はながき インターナショナル・サケ・チャレンジ

●『第8回インターナショナル・サケ・チャレンジ』にて
  「花垣 七右衛門 純米大吟醸」と
  「究極の花垣 鑑評会用大吟醸」が金賞受賞。

2014年7月『第8回インターナショナル・サケ・チャレンジ』が開催され、 本年度は各審査員が全てのお酒を審査する方式で行われ、 審査の結果「花垣 鑑評会特別仕込 究極の花垣」「花垣 七右衛門 純米大吟醸」 の2商品同時金賞という快挙を達成!

2014年 7月

●『全米日本酒歓評会2014』にて「大吟醸 究極の花垣」が金賞受賞。

南部酒造場 花垣 はながき 全米日本酒歓評会

『全米日本酒歓評会2014』にて日本と米国の10人の審査員がおよそ300点の出品酒を評価し、審査の結果「大吟醸 究極の花垣」が金賞を受賞。

2013年 11月

花垣 日置大作●日刊県民福井に「花垣」日置杜氏が紹介されました。

2013年11月18日付の地方紙「日刊県民福井」に、花垣の日置大作杜氏が紹介されました。

記事の内容はこちらでご覧いただけます。

2013年 10月

花垣 大吟醸 究極の花垣究極の花垣、ロンドン酒チャレンジ2013で金賞受賞!

2013年10月、酒(さけ)ソムリエアソシエーションが主催する「ロンドン酒チャレンジ2013」において、大吟醸 究極の花垣がゴールドを受賞いたしました!

ロンドン酒チャレンジは、世界を基準に行なう日本酒だけの新しい品評会で、日本国外での日本酒の普及を促進すること、また、日本酒離れが進む日本の若年層に新しい基準の日本酒の魅力を訴えることを目的とし、2012年よりスタートいたしました。

日本、英国をはじめ世界16カ国34名の酒ソムリエによって審査が行なわれ、日本酒の品質はもちろん、ラベルや箱のデザイン、各国の料理に合うかを審査の対象としており、その品評会で大吟醸 究極の花垣と「贅の極 七右衛門」の2本がゴールドを受賞いたしました。

2013年 8月

●全米日本酒歓評会で花垣 大吟醸 特撰花垣金賞受賞

2013年8月、全米日本酒歓評会の審査結果が発表され「花垣 大吟醸 特撰花垣」が見事金賞に輝きました!

全米日本酒歓評会とは2001年からスタートした審査会で、日本とアメリカから選ばれた審査員がハワイのホノルルで2日間かけて審査を行います。

2013年は約350点の日本酒が出品され、その中の「大吟醸B部門」で「花垣 大吟醸 特撰花垣」が選ばれました。

2013年 7月

花垣 純米にごり酒 最高金賞受賞!

花垣 純米にごり酒2013年7月、スローフードジャパンが主催する「燗酒コンテスト2013」において、花垣の純米にごり酒が最高金賞を受賞いたしました!

このコンテストには全国204社から432点の商品が出品され、利き酒評価による上位3%の出品酒が最高金賞に選ばれ、その中の「お値打ち燗酒 ぬる燗酒部門」で花垣 純米にごり酒が最高金賞に選ばれました。

花垣(はながき) 商品一覧へ

TOP