酒蔵写真集

佐野屋は全取引先を自ら訪問し、強い信頼関係を築いています。

商品検索

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • DC
  • UFJ
  • NICOS
  • DINERS

おちょこ女子 「オンナの日本酒」女性おすすめ日本酒

飲食店様におすすめの日本酒

ラスト1本 ラスイチ 日本酒

リキュール 梅酒

ギフト向け化粧箱 ラッピング承ります

佐野屋のお届けはヤマト運輸に完全一本化

日本酒 賞味期限

日本酒に表記されている製造年月につきましてご一読ください(秋田県酒造組合HPより)

女性シニアワインアドバイザーがお届け Happy Wine

新規取扱蔵元募集

日本酒 クール便

阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻
今回の訪問先は秋田県横手市の阿桜酒造。
伊丹空港から飛行機に乗り、秋田空港到着に到着しました。
空港からはタクシーと奥羽本線を乗り継ぎ約1時間。
秋田県南部に位置する県内第二の都市、横手市へ!


阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻
横手駅に到着しました。
待って下さっていたのは、阿桜酒造の蔵人兼営業部長の稲上さん。
空港に着いた時の大雪がまるで嘘のよう!
空を見上げると晴れ間も覗いていました。


阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻
横手市の中心部から車で約10分の距離に阿桜酒造があります。
ちなみに、自然環境に恵まれた阿桜酒造の前を通る道は「平和街道」と言う名前だそうです。
上がっている湯気で雪を溶かすあたりは雪国ならでは。


阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻
蔵の玄関の横にあった「かまくら」のカップ酒の自動販売機。
「かまくら」は昔から地元向けブランドとして売り出されていました。
流通量があまり多くないこともあって、現在この自動販売機は使われていないようです。


阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻
玄関を入ってすぐのロビー。
各種鑑評会の賞状が沢山飾られていました!
そして、ご覧下さい!
阿櫻の鏡割りガチャ!
回したかったのですが残念ながら故障中でした…。


阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻
阿櫻の看板商品と共に歴史を感じる一斗瓶が!
かつては地元向けの普通酒を中心に造っていた阿桜酒造の歴史を垣間見ることが出来ます。


阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻
こちらは精米の様子です。
阿桜酒造は自社で精米されています。
今回は阿桜酒造で最も多く使われる酒造好適米の美郷錦(みさとにしき)を精米されていました。
阿桜酒造で使われるお米の多くは、大潟村など県内の契約農家さんが栽培されています。


阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻
続いて洗米の作業です。
この日仕込んでいたお米は美郷錦と秋田酒こまち。
どちらも阿櫻ブランドの看板商品となるだけにお米をチェックする目も厳しいです。


阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻
洗米にはウッドソンも使用されています。
バッチ式の洗米機です。
阿桜酒造では殆どの洗米にウッドソンが使用されています。
良い蒸し米に仕上げる為にはその前の洗米、浸漬がとても重要です。


阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻
こちらの方が阿桜酒造の杜氏、照井俊男(てるいとしお)さん。
この道45年以上の大ベテラン!
蔵人から、阿桜酒造=照井杜氏と言われる程、全幅の信頼を寄せられています。


阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻
甑(こしき)のお米が間も無く蒸し上がります。
酒蔵の朝と言えば甑からモクモクと上がる蒸気をイメージされる方が多いのではないでしょうか?

阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻
この日の朝の気温は0℃。
地元の方がおっしゃるには今年は雪が少ないそうですが、横手市の冬の朝は極寒です!!
そんな極寒の中でお米を蒸すので、甑にカバーをかけて保温しています。


阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻
さあ、お米が蒸し上がりました。


阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻
ヨイショ!ヨイショ!!
甑(こしき)の移動です。
車輪が付いているとは言え、蒸米が入った甑を移動するのは大変!


阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻
蒸し上がったお米を放冷機に投入して行きます。
蒸し米をスコップで掘る作業はなかなかの重労働。


阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻
手際良く放冷機へ入れていきます。
放冷機で蒸し米を乾燥させていきます。
画像の蒸し米は麹米で、放冷機上で種麹が振り掛けられます。


阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻
種麹が振り掛けられた蒸し米が放冷機から出て来ました。
このお米は麹室(こうじむろ)へ運び込まれます。


阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻
稲上ダーッシュ!!
いつもは穏やかな稲上さんも酒造り中はスイッチが切り替わります。
酒造りはパワーとスピードも要求されるのです!


阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻
麹米が麹室の床(とこ)に引き込まれました。
照井杜氏が指示を送られていますね。


阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻
麹の状態を手に取ってチェックする照井杜氏。


阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻
残り少なくなったお米も決して無駄にはしません!
クレーンで吊るし上げて放冷機へ。


阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻
照井杜氏が見守る中、お米はどんどん運ばれていきます。


阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻
エアシューターで飛ばされたお米を仕込みタンクに投入しています。
酒造りではお馴染みの櫂入れの作業です。


阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻
こちらは圧搾機です。
もろみはこの機械で搾られお酒になります。


阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻
搾られたお酒は垂れ壷に集められます。
搾りたてのお酒の良い香りが漂って来ます。


阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻
搾りたてのお酒を利いている照井杜氏。
出来栄えはいかに!?


阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻
夜は横手市内にある、「旬彩和食処 竜美」さんへ。
さすがは東北有数の豪雪地帯。
市内と言えど雪深く、日が暮れると冷え込みがさらに厳しくなって来ました。


阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻
懇親会の始まり♪
造りの真っ最中にも関わらず、照井杜氏が参加して下さいました。


阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻
稲上さんも参加して下さいました。
蔵人として、営業マンとして大活躍の稲上さん。
阿桜酒造の看板を背負っていらっしゃいます!


阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻
食中酒として、お料理に寄り添い実力を発揮する「阿櫻」
旨味と酸が生きた味わい深いお酒です。


阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻
照井杜氏と稲上さんから色々な話を伺うことが出来ました。
「阿櫻」を全国的なブランドにするべく、東京や大阪に出て、手売りで営業して回るなど様々な苦労があったそうです。
その苦労の甲斐あって、首都圏から徐々に取扱店が増え、現在に至ります。
酒販店や飲食店さんを大切にしている姿勢を垣間見ることが出来ました。


阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻
「まずはやってみよう。」
これは照井杜氏の言葉です。
営業から上がって来た様々な無理難題に対して決して「No」とはおっしゃらない照井杜氏。
今日は酒造りや山内杜氏の歴史について話して下さいました。


阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻
秋田県の数々の郷土料理と「阿櫻」、そしてお酒の話。
とても楽しく有意義な懇親会でした。
ちなみに、後日談ですが、照井杜氏と稲上さんはこの後、蔵に戻ってからもお酒を飲みながら勉強会をされたそうです。


阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻 酒蔵写真集 観光篇へ

阿桜酒造 (あざくらしゅぞう) かまくら 阿櫻 商品一覧へ

TOP