酒蔵写真集

佐野屋は全取引先を自ら訪問し、強い信頼関係を築いています。

商品検索

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • DC
  • UFJ
  • NICOS
  • DINERS

おちょこ女子 「オンナの日本酒」女性おすすめ日本酒

飲食店様におすすめの日本酒

ラスト1本 ラスイチ 日本酒

リキュール 梅酒

ギフト向け化粧箱 ラッピング承ります

日本酒 賞味期限

日本酒に表記されている製造年月につきましてご一読ください(秋田県酒造組合HPより)

女性シニアワインアドバイザーがお届け Happy Wine

新規取扱蔵元募集

日本酒 クール便

【お知らせ】
現在、システムメンテナンス中につきクレジットカード払いはご利用いただけません。

誠に恐れ入りますが、代金引換、またはNP後払いで購入していただきますようお願い申しあげます。
なお、クレジットカードによる決済が再開するまでは、お買い上げ金額の大小に関わらず、
代金引換手数料、NP後払い手数料は弊社が全額負担致します。
皆様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、ご協力をお願い致します。

仙禽 Dolce Aroma(ドルチェアロマ)【要冷蔵】

仙禽 Dolce Aroma(ドルチェアロマ)【要冷蔵】

※商品写真は外観が似た代用品を用いる場合がございます。シールの有無、肩掛けの文言などから、スペック等を判断されないようお願い致します。スペック等は商品説明でご確認下さい。

仙禽からワイン酵母を使用した衝撃の日本酒、再び!

仙禽 Dolce Aroma(ドルチェアロマ)【要冷蔵】

720ml  価格 2000円 (税込 2160円)

完売しました

商品番号
SakeD2057
製造元
せんきん(栃木県)
特定名称
純米大吟醸
保存
要冷蔵
配送
クール便必須(送料+クール料300円)
生/火入れ
生酒(加熱処理無し)

■甘辛:甘酸っぱい ■原料米:ドメーヌさくらひとごこち ■精米歩合:50% 
■アルコール度数:12度 ■日本酒度:-20.0前後 ■酸度:5.0前後


仙禽 Dolce Aroma(ドルチェアロマ)【要冷蔵】

 

商品説明

最近では花酵母を用いて酒造りをする蔵は珍しく無くなって来ましたが、替わって注目されているのがワイン酵母。

弊社取扱い銘柄では「陸奥八仙」「鏡山」からワイン酵母を用いたお酒が発売されています。

「仙禽」では試験醸造を経て、2013年からワイン酵母で造られたお酒をリリース。

今回、そのシリーズの1つ、「ドルチェアロマ」を入荷致しました。

「ドルチェシリーズ」は元々は「hana wa saku」というシリーズ名で、売り上げの一部を東日本大震災の義援金として支援の目的でも販売されていた商品です。


清酒用酵母にも様々な種類があるように、ワイン酵母にも沢山の種類があります。

「ドルチェアロマ」に使用されている酵母は「X5」

主にシャルドネやソーヴィニヨンブランに使用されている、白ワイン、ロゼワイン用の酵母です。

最近ではワイン酵母を用いて酒造りをされている蔵も少しずつ増えて来ています。

しかし、「仙禽」のように、ガッツリ取り組んでいらっしゃる蔵はそう多くありません。

「仙禽」では蔵の柱、つまり、メイン商材の1つとしてシリーズ展開されています。


ワイン酵母で仕込まれた日本酒に多く見られる特徴がボリューム感。

やや飲み疲れるというか、軽快に飲めない傾向にあるお酒が多いのも確か。

「仙禽」では、エレガントな香り、味わいはそのままに、飲み心地の良さにまでこだわり、今回の酒質を設計したそうです。


「仙禽」の十一代蔵元、薄井さんのコメントを以下に掲載致します。


まるでミネラルウォーターのようにガブガブ飲むことが出来ます。

アルコール度数は12%でありながら、デリシャス感は圧倒的で、完熟した果実を思わせる香りとジューシーな味わいは日本酒の新しい世界の幕開けです。


白ぶどう、白桃を彷彿させる厚みのある果実香が高々と香り、12%のアルコール度数とは思えない濃醇かつデリシャスな甘味と酸味が口中を支配します。

しかし、品の良いぶどうジュースのように身体は受け入れ、ミネラルウォーターのように浸透していきます。

濃縮度を抑えることにより、終始エレガントさを失うことなく、フィニッシュまで美しく、綺麗に丁寧に幻に消えていくアフターであり、めくるめく妖艶な世界へと引きずり込まれていくような不思議な世界を演出します。


とのことです。


一般的な日本酒をイメージして飲むと、慣れない味に驚かれることと思います。

賛否両論があろうかと思いますが、「新しいジャンルの日本酒の幕開け」と言えるお酒ではないでしょうか?

従来の日本酒と同じようなお酒を造るなら、通常のきょうかい酵母を用いれば良いこと。

チャレンジしないと新しいものは生まれません。

ワイン酵母を用いて、今までに無かった素晴らしいお酒を造り、新しい日本酒のジャンルを確立することは日本酒ファンも望んでいることなのではないでしょうか。

それをサポートすることも地酒専門店の大切な任務だと考えました。


皆様にも「仙禽」のチャレンジを応援して頂ければ嬉しく思います。

ワイン酵母に対する想いを是非感じてみて下さい。


商品レビュー お客様のテイスティングレポート!

せんきん 商品一覧へ戻る

TOP