酒蔵写真集

佐野屋は全取引先を自ら訪問し、強い信頼関係を築いています。

商品検索

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • DC
  • UFJ
  • NICOS
  • DINERS

おちょこ女子 「オンナの日本酒」女性おすすめ日本酒

飲食店様におすすめの日本酒

ギフト向け化粧箱 ラッピング承ります

佐野屋のお届けはヤマト運輸に完全一本化

日本酒 賞味期限

日本酒に表記されている製造年月につきましてご一読ください(秋田県酒造組合HPより)

女性シニアワインアドバイザーがお届け Happy Wine

新規取扱蔵元募集

日本酒 クール便

澤屋まつもと 守破離(しゅはり) 山田錦

澤屋まつもと 守破離(しゅはり) 山田錦

※商品写真は外観が似た代用品を用いる場合がございます。シールの有無、肩掛けの文言などから、スペック等を判断されないようお願い致します。スペック等は商品説明でご確認下さい。

ついに守破離がシリーズ展開!シリーズ第一弾は山田錦!

澤屋まつもと 守破離(しゅはり) 山田錦

720ml  価格 1700円 (税込 1836円)

1800ml  価格 3400円 (税込 3672円)

商品番号
SakeD2027
製造元
松本酒造(京都府)
特定名称
純米大吟醸
保存
静かな冷暗所
配送
普通便発送です クール便をご希望はこちらから。
生/火入れ
火入れ酒(加熱処理有り)

■甘辛:やや辛口 ■原料米:兵庫県加東市産山田錦 ■精米歩合:50% 
■アルコール度数:15度 ■日本酒度:非公開 ■酸度:非公開


澤屋まつもと 守破離(しゅはり) 山田錦

 

商品説明

《守破離シリーズが本格始動!》


松本日出彦(まつもとひでひこ)さんが杜氏に就かれたのが22BY。

6年目となる27BY「澤屋まつもと」は大きく変わります。

これまで、ラインナップの1つだった「守破離(しゅはり)」がシリーズ展開されることになりました。


今回御紹介する「澤屋まつもと 守破離 山田錦」は山田錦発祥の地でもある東条地区を含む、兵庫県加東市産の山田錦50%精米の純米大吟醸です。


私は「澤屋まつもと」のお酒が大好きです。

日出彦さんが蔵に入られる前からよく飲んでいましたが、日出彦さんが杜氏に就かれてからお酒がガラッと変わり、それからますます「澤屋まつもと」の魅力にハマっています。

決して派手さは無いが主張がしっかりとあり、味わいの骨格がしっかりしていて、お料理と合わせた時に馴染むような調和が取れる所が特にお気に入り!

今回の「澤屋まつもと 守破離 山田錦」も開けたてはほのかなガス感がフレッシュで心地良く、酸や苦味が清涼感を演出してくれます。

苦味は決してネガティブな要素ではありません。

程良い苦味があることで色々なお料理と繋がります。

また、芯がシッカリとしたお酒ですので、開けてガスが抜けてからも味が乗り、円やかになって来ます。

早く飲み切らないと!ってことは決してございませんので、個人でじっくり楽しまれるのはもちろんのこと、飲食店様にも取扱って頂きやすい商品です。


ということで、私の説明はここまでにさせて頂きます。

続きまして、今回は日出彦さんの想いを皆様にダイレクトにお伝えしたく、日出彦さんからの案内をそのまま掲載することにさせて頂きました。


新シリーズとして「澤屋まつもと」の主力となる「守破離」をよろしくお願い致します。


《日本酒の本当の価値は酒米の産地にある》

澤屋まつもと 松本酒造 松本日出彦


この3年間、様々な産地、品種の米を醸して参りましたが、同じ品種でも産地によって歴然とした違いがありました。

日本酒において産地の価値はあまり取り上げられることはありませんが、当然のことながら米の産地には普遍的な価値があります。

私たちは、酒米の産地の価値をもっともっと伝えていきたいと思っております。

そこで、今回のラインナップ整理を行い、飲んで頂くお客様にも取り組んで頂く酒販店の皆様にも産地の価値を共有して頂ければと思っております。

当然、産地を特定して日本酒を造っていくということは、産地で起こり得る自然災害などのリスクも背負わなければなりません。

しかし、リスクを恐れては真実は伝わらないという想いで決断致しました。

今ある既存の価値観に加えて、米の産地に対する価値が高まり、日本酒の価値をもっともっと高めることで、未熟な我々を応援して下さる皆様に対して、御恩をお返ししたいと思っております。

その為に、今シーズンより私たちは新たな取り組みを致します。


《兵庫県特A地区東条での山田錦栽培の農業従事》


私たちの兵庫県東条での山田錦栽培は、これから始まります。

本来の稲作の勉強、生産者さんとの共同作業、また一番大切な日本酒の造り手としての視点で、これからの稲作に何が必要かを追求していきます。

そして、近い未来で東条地区での自社栽培にも取り組みます。

日本古来よりの稲作と、造り手の感性を兼ね合わせた酒米作り、これもまた「守破離」の精神であると考えます。

そして、これからの守破離ラインナップは、この山田錦が中心となり進めていきたいと思っております。


《お料理と本気で美味しく飲んで頂くためのフレッシュな食中酒を醸す》


お料理と本気で美味しく飲んで頂くフレッシュな食中酒は、原酒でいて軽やかな酒質を意味します。

この3年間、熟成を含め年間通じたフレッシュな食中酒としての味わいをずっと探してきました。

そして、今季の新酒より、香り・甘み・アルコール感をより抑えて、酸味・旨み・良い苦味を主体としたフレッシュな食中酒が出来上がってきております。

酸味・旨み・良い苦味を、綺麗なバランスで表現できるのは素晴らしい産地の酒米だけでした。

この本質的な価値に気付かせてくれたのも、このような味わいを目指すことがきっかけでした。

この味わいを目指して醸したラインナップが守破離ラインナップとなります。

それぞれの酒米の種類が主な味わいの違いとなります。


杜氏 松本日出彦


商品レビュー お客様のテイスティングレポート!

松本酒造 商品一覧へ戻る

TOP