酒蔵写真集

佐野屋は全取引先を自ら訪問し、強い信頼関係を築いています。

商品検索

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • DC
  • UFJ
  • NICOS
  • DINERS

おちょこ女子 「オンナの日本酒」女性おすすめ日本酒

飲食店様におすすめの日本酒

ラスト1本 ラスイチ 日本酒

リキュール 梅酒

ギフト向け化粧箱 ラッピング承ります

日本酒 賞味期限

日本酒に表記されている製造年月につきましてご一読ください(秋田県酒造組合HPより)

女性シニアワインアドバイザーがお届け Happy Wine

新規取扱蔵元募集

日本酒 クール便

【お知らせ】
現在、システムメンテナンス中につきクレジットカード払いはご利用いただけません。

誠に恐れ入りますが、代金引換、またはNP後払いで購入していただきますようお願い申しあげます。
なお、クレジットカードによる決済が再開するまでは、お買い上げ金額の大小に関わらず、
代金引換手数料、NP後払い手数料は弊社が全額負担致します。
皆様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、ご協力をお願い致します。

笑四季 恋をするたびに…第5話 嘆きの雨【要冷蔵】

笑四季 恋をするたびに…第5話 嘆きの雨【要冷蔵】

※商品写真は外観が似た代用品を用いる場合がございます。シールの有無、肩掛けの文言などから、スペック等を判断されないようお願い致します。スペック等は商品説明でご確認下さい。

笑四季劇場第5話は、嘆きたくなったら飲んで欲しい優しい味わい。

笑四季 恋をするたびに…第5話 嘆きの雨【要冷蔵】

720ml  価格 1400円 (税込 1512円)

1800ml  価格 2800円 (税込 3024円)

完売しました

商品番号
Sake8090
製造元
笑四季酒造(滋賀県)
特定名称
純米吟醸
保存
要冷蔵
配送
クール便必須(送料+クール料300円)
生/火入れ
生酒(加熱処理無し)
メーカーサイト
http://www.emishiki.com/

■甘辛:やや甘口 ■原料米:滋賀県産玉栄 ■精米歩合:50% 
■アルコール度数:16度 ■日本酒度:2.0 ■酸度:1.5


笑四季 恋をするたびに…第5話 嘆きの雨【要冷蔵】

 

商品説明

漫画雑誌で心ときめくフレーズ。

「今週は2話掲載!」

大好きなあの物語が2話も読めるなんて!

そんな思いを、まさか日本酒でできる日が来るとは思いもしませんでした。


この度、笑四季酒造がお届けするラブストーリー「恋をするたびに…」が4話と5話の同時発売!

全2話で終了の予定でしたが、2ndシーズンとして、2017年1月に第3話が発売されました。

その続きとなる2つの作品はいったいどのような物なのか?

「恋をするたびに…」の第3話のタイトルは「逢い引きの夜に」。

逢い引きとは、愛し合う二人が人目を忍んで会うことを言いますが、そんな二人が夜にどうなるかなんてことは、お酒を飲める年齢の皆様には想像に難くないでしょう。

そして第4話のタイトルは「別れの予感」。

第5話のタイトルは「嘆きの雨」。

あれ?

愛し合っていたはずの二人の雲行きが怪しくなってきました。

私が思ってたのと違う展開!

このままバッドエンドを迎えてしまうのでしょうか?

それとも続編があるのでしょうか?

笑四季劇場「恋をするたびに…」から目を離すことができません!


《第5話「嘆きの雨」は甘みベースのお酒》

恋をするたびに…第5話では、とうとう嘆きの雨に襲われてしまいます。

いったい何があったのか!?

前話のタイトル「別れの予感」にヒント(というか答え)が隠されていそうです。


愛し合っていたはずの二人が「別れる」という選択をした先にあったもの。

いや、この感じですと一方的な別れだったのかもしれません。

まだ愛していたのだとしたら、この結果は嘆かずにはいられないでしょう。

「あの時あんなことしなければ」

「別れずに済む方法はなかったのか」

考え出すとキリがありません。

そんな時はどんどん泣いて、どんどん嘆けば良いんです。

我慢する必要はありません。

飲み込むのはお酒だけで良い!

そんな気持ちでお酒を頂きます。


穏やかながらも感じられるのはお米の良い香り。

そのお酒を口に含むと、まず滑らかな甘みがやってきます。

その甘みがしっとりと舌に馴染んできた頃に、ジワジワとした後発の辛みが訪れました。

この味わいの変化は「甘口のお酒かな?」と思った時にやってくるので「おぉ、そうなるのね」というちょっと意外な感じが楽しめました。


しかしこの感じ、辛い別れをした後の心情の変化にも似ていませんか?

最初の方は「これは現実なのかな?」なんて考えながら楽しかった思い出を振り返ったりしてみます。

しかし徐々に現実が見えてきて、楽しかった思い出とのギャップに打ちのめされます。

後発の辛み、お酒の味なら楽しいのですが、こと心情の変化となると、とんでもなくダメージの大きい味わいになりますね(笑)

これはあくまで私の妄想なので、このお酒の味わいにそこまでの意味があるかはわかりませんが、この商品名ですと深読みもしてしまうってものです(笑)


とは言っても、このお酒自体は優しい味わい。

しっとりとした甘さは、ほっと落ち着く「嘆き」とは縁遠いものとなっています。


二話同時発売!

第4話「別れの予感」も発売中!


(文章:藤井 昇)


商品レビュー お客様のテイスティングレポート!

笑四季酒造 商品一覧へ戻る

TOP