酒蔵写真集

佐野屋は全取引先を自ら訪問し、強い信頼関係を築いています。

商品検索

未成年者への酒類の販売はいたしておりません。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • DC
  • UFJ
  • NICOS
  • DINERS

おちょこ女子 「オンナの日本酒」女性おすすめ日本酒

飲食店様におすすめの日本酒

ラスト1本 ラスイチ 日本酒

リキュール 梅酒

ギフト向け化粧箱 ラッピング承ります

日本酒 賞味期限

日本酒に表記されている製造年月につきましてご一読ください(秋田県酒造組合HPより)

女性シニアワインアドバイザーがお届け Happy Wine

新規取扱蔵元募集

日本酒 クール便

NP 後払い 日本酒

【お知らせ】
現在、システムメンテナンス中につきクレジットカード払いはご利用いただけません。

誠に恐れ入りますが、代金引換、またはNP後払いで購入していただきますようお願い申しあげます。
なお、クレジットカードによる決済が再開するまでは、お買い上げ金額の大小に関わらず、
代金引換手数料、NP後払い手数料は弊社が全額負担致します。
皆様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、ご協力をお願い致します。

笑四季 マニアックラヴ#3 ジョヴァンカと幸福論

笑四季 マニアックラヴ#3 ジョヴァンカと幸福論

※商品写真は外観が似た代用品を用いる場合がございます。シールの有無、肩掛けの文言などから、スペック等を判断されないようお願い致します。スペック等は商品説明でご確認下さい。

マニアックラヴ第三弾はりんご酵母のお酒、ジョヴァンカと幸福論!

笑四季 マニアックラヴ#3 ジョヴァンカと幸福論

720ml  価格 1700円 (税込 1836円)

完売しました

1800ml  価格 3400円 (税込 3672円)

完売しました
商品番号
Sake4047_3
製造元
笑四季酒造(滋賀県)
特定名称
純米吟醸
保存
静かな冷暗所
配送
普通便発送です クール便をご希望はこちらから。
生/火入れ
火入れ酒(加熱処理有り)

■甘辛:甘酸っぱい ■原料米:滋賀県産吟吹雪 ■精米歩合:50% 
■アルコール度数:16度 ■日本酒度:-4.5 ■酸度:1.5


笑四季 マニアックラヴ#3 ジョヴァンカと幸福論

 

商品説明

《マニアックラヴ第三弾!その名はジョヴァンカと幸福論!!》


突然現れた新シリーズ「マニアックラヴ」

#1が「星空シネマパラダイス」

#2が「いとしのキャサリン」

シリーズ名の意味も分からなければ、個々の商品のタイトルも何が何だか…。

このまま終わるのかなぁ、いや、#3があるのかな、など色々想像していたら…。

やって来ました!!

タイトルは「ジョヴァンカと幸福論」


エッ!!ジョヴァンカ?幸福論?


ピンと来る方もいらっしゃれば、何それ?って思われる方もいらっしゃると思います。

私もハッキリとは分かりません。

なので、タイトルの件は一旦置いておき、お酒の説明に入ります。


「マニアックラヴ」の位置付けは、既に展開されている「モンスーン」「マスターピース」「インテンス」が恒久的なシリーズなのに対して、実験的要素が強い前衛的なシリーズだということです。

「星空シネマパラダイス」には、滋賀県産玉栄の50%精米と京都産業技術研究所の9号系の酵母を使用。

「いとしのキャサリン」には、滋賀県産吟吹雪の50%精米と東京農大花酵母さくらを使用。

甘味と酸味が心地良いお酒を展開して来られました。

そして「ジョヴァンカと幸福論」はお米は「いとしのキャサリン」と同じく滋賀県産吟吹雪の50%精米。

酵母は東京農大花酵母りんごです。


りんご?幸福論?


少し繋がったような気がしません?

私の想像ですが、恐らくジョヴァンカはオランダ出身でスーパーモデル並みの容姿とファッショナブルな美声を持つ「奇跡のシンガー」と形容されるジョヴァンカのことで、幸福論は椎名林檎から来ているのだと…。

気のせいかも知れませんが(笑)


さて、話を花酵母に戻します。

花酵母とは、一言で言えば、花から採取された酵母のことです。

「ジョヴァンカと幸福論」に使用されている酵母はりんご酵母ですから、りんごの花から採取された酵母ということになります。

ですが、花酵母は花から採取されたからと言って、決してその花の香りがする訳ではありません。

とは言うもののやっぱり気になります。

出来ればりんごの爽やかな香りがしていて欲しい!

りんご酵母のお酒はりんごなのかどうか。

では、試飲してみます。


ワイングラスからは甘酸っぱく爽やかな香りが漂っています。

皆さん、りんごでした!!

飲んでみると、甘酸っぱい味わいが香りと共に広がり、吟吹雪らしいふくよかな甘味やコクと合わさってなかなかボリューミー。

時折、ほのかに苦味がアクセントになり、濃いのですが意外と飲みやすい。

紅玉のアップルパイにバニラアイスが添えられていて、ミントがトッピングされているようなイメージを私は想像しました。


マニアックラヴシリーズは「ジョヴァンカと幸福論」が最終作。

さあ、まだパラダイスキャサリンは残っていますか?

是非、ポリネシアも加えて飲み比べてみて下さい。


商品レビュー お客様のテイスティングレポート!

笑四季酒造 商品一覧へ戻る

あわせて買いたい

TOP